ひと休み~ひと休み~

横浜市神奈川区のカイロプラクティック院院長のブログ。日々思うことを中心に、たまには役立つこともレポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症

梅雨も明け、各地で夏本番です


そこで注意しなくれはいけないこと、それは熱射症日射病です


今では熱中症ということでひとまとめにしていますが、実はそれぞれ定義が違うのはご存知ですか?
しかも、応急処置の仕方も、実は違うんです


<日射病>
日差しを直接浴びながら歩き回ったり、作業することで起こる、いわゆる体がオーバーヒート状態になった時に起こります。

(症状)
体温が39度近くまで上がる、顔が赤くなる、息が荒い、皮膚は暑い、汗が出ない(汗が出過ぎてしまった為)、目まい、頭痛、吐き気など

(応急処置)
・日陰で風通しの良い場所で、頭を高くして寝かせる
・体温を下げる為に、濡れたタオルで首筋や腋の下などを冷やす。
・うちわなどであおぎ、体温が平温になるまで続ける。
首筋に直接水をかけたり、水分を多めに取らせる。



<熱射病>
高温多湿な環境下で動き回り、大量の汗をかくことで、体内の塩分や水分が著しく不足することで起こります。直射日光を受けない場所でも起こる事が、日射病との大きな違いです。

(症状)
体温は37度前後(日射病よりも低い)、顔面蒼白(顔色が青白い)、冷や汗、息づかいが弱い など

(応急処置)
・頭を少し低くして寝かせる
・体温が低ければ、大きめのタオルや毛布で体を温める。
水分や塩分を取らせる(ポカリスエットなどのスポーツドリンクがベスト)





日射病と熱射病の見た目での大きな違いは、顔色です。顔が赤い場合は頭を高く、そして顔色が青白い場合は頭を低くして、脳内の血中量のコントロールをしましょう。これを間違えると、めまいや吐き気、頭痛などが悪化する可能性がありますので、焦らず観察する必要があります。


外出する時は必ず帽子をかぶったり、室内での作業をする時は、換気を良くして、エアコンなどで室温のコントロールをしましょう。



腰痛・肩こり・骨盤矯正なら横浜 反町のメディカルカイロプラクティックセンター


にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村

qqqq

↑ブログランキングに参加してみました★貴方の一押しが、私を勇気付けます~
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。